オリジナルエコバッグを小ロットで作るならココはおさえておきたい!

エコバッグ1

オリジナルのエコバッグを作る際、注文数で迷うこともあるのではないでしょうか。1度にまとまった量を注文する場合には、それほど困ることはないかもしれません。けれど、小ロットでの注文になると、対応してもらえるのかどうか、料金はどうなのかと不安になることもありますよね。

ここでは、小ロットでの注文をする場合のポイントについてお伝えします。

→オリジナルエコバッグや紙袋をどう作る?どう使う?

注文数と料金について

エコバッグを作る際に気になることと言えば、やはり料金ではないでしょうか。良いものを作りたいけれど、出来るだけ安く済ませたいと考える人も少なくありません。エコバッグを何枚作りたいのか、その数によって費用は変わりますが、頭に入れておきたいことと言えば、注文数と料金の関係についてです。

業者ごとに料金が変わるのはもちろんですが、同じ業者でも注文数の違いによって料金が変わることも珍しくありません。目の付くところに大きく紹介されている料金は、大抵の場合、注文単位が大きなものの料金です。手頃な料金と思っても、小ロットでの注文になると単価が上がることも少なくありません。

どの業者も、注文数が多くなるほど単価は安くなる傾向が強いので、よく確認することが大切ですよ。

業者選びについて

オリジナルエコバッグを小ロットで注文する際は、業者選びがポイントになります。小ロットに対応している業者は多いものの、全ての業者が対応しているとは限りません。また、最低注文数が業者によって異なる場合も多いです。

よく確認した上で業者選びをするようにしましょう。尚、業者を選ぶ際は、料金や注文単位、再発注に伴うデータ管理といった部分を把握し、比較することが大切になります。料金については、送料や手数料といったものを含め、全体としていくらかかるのかを調べることがポイントです。

単価が安くても、総費用では割高になるといったこともあります。単価だけでなく、トータルでいくらかかるのか、見積もりを出してもらった上で安いか高いかの判断をすることが欠かせません。また、最低注文数や注文単位は、業者ごとに異なる場合が殆どです。

エコバッグを何枚注文するかによって条件の良い業者は変わってくるので、必要数を明確にした上で業者選びをすることが大切になります。尚、小ロットで注文をする場合、追加注文の可能性について考えることも欠かせません。

特に、エコバッグのデザインデータを所持していない場合には注意が必要です。

デザインデータを所持している場合には、同じ業者に追加発注する必要はありませんが、業者のテンプレートなどを利用し、エコバッグの作成を依頼した場合、デザインデータは同じ業者でしか使えないこともあります。より良い条件の業者を見つけたとしても、デザインデータが使えないと業者を変えて注文することは難しくなるので注意しましょう。

必要数について

オリジナルのエコバッグを作る際、必ずしも多くの量が必要になるわけではありません。予算が限られている場合や試しに少量のサンプルを作ってみたい場合など、小ロットでの注文になることもありますよね。けれど、一口に小ロットと言っても、実際の注文数の認識には幅があることも多いです。

100個までを小ロットとする場合もあれば、10個以下を小ロットとする場合もあり、業者によって様々なので、しっかり確認することが必要になります。

その際、鍵になるのが必要数です。

実際に、どれくらいの量のエコバッグを作りたいのか、具体的な数字を出しましょう。余裕を持った数にするのは良いですが、大体このくらいと適当に決めてしまうのはおすすめ出来ません。小ロットでの注文の際は、最低注文数や注文単位が重要になるので、必要数をはっきりさせた方が注文での失敗も少なくなりますよ。

例えば、注文単位が10で、必要数が37だったとします。必要数が37だと分かっていれば、40の注文を出すでしょうが、大体30くらいと見積もっていたら、30しか注文しないのではないでしょうか。そうなると、エコバッグが出来上がった後に、7個足りないといった自体になります。

後から追加で注文することは可能ですが、その場合、割高になることが多く、更に時間もかかってしまいます。小ロットで注文する場合こそ、曖昧にせず、必要数をはっきりさせておくことが大切ですよ。

小ロットで注文する良さとは

オリジナルエコバッグを小ロットで注文する良さと言えば、やはり失敗が少ないことが挙げられます。どんなに気に入ったデザインであっても、エコバッグに印刷された形でどうなのかは、実物を見ないと分かりませんよね。

容量や携帯のしやすさ、手入れの仕方などは、使ってみてはじめて分かる部分ではないでしょうか。試作といった意味でも、小ロットで注文し、出来や使い勝手を確認することは有効な方法と言えます。また、大量に在庫を抱えてしまうといった心配が少ないところも小ロットで注文するメリットの1つです。

せっかくオリジナルエコバッグを作ったのに、大量に余ってしまっては意味がありませんよね。小ロットで注文し、反応が良いと分かれば、追加注文すれば良いだけです。小ロットでの注文なら、余ってしまうものにお金をかけることも、保管の場所が必要になることも避けられますよ。

小ロットで注文する際に気を付けたい点とは

小ロットでの注文をする際、しっかり考えておきたい部分と言えば、その理由です。少量しか必要がないから注文数が少ないのか、予算が足りないから少量しか注文出来ないのかでは、話が変わって来ます。前者の場合には、必要数は小ロットでの注文で足りるため、追加注文やその後の展開についてまで考慮する必要はありません。

けれど、後者の場合には、必要数に足りていないので、商品を受け取った後も追加注文などの可能性が残されています。その後の展開も視野に入れた上で業者選びや注文をしないと、割高になってしまうことも多いので注意が必要です。

小ロットで注文をすること自体はそれほど難しくありませんが、しっかり考えずに注文してしまうと失敗しやすいことも否定出来ません。どうして小ロットの注文にするのか、その理由を考えることも大切ですよ。

ポイントをおさえて利用しよう

オリジナルエコバッグを小ロットで作るなら、必要数を明確にし、条件にあった業者選びを行うことが欠かせません。特に、最低注文数や注文単位は業者によって異なるので、よく確認するようにしましょう。小ロットでの注文には、在庫を抱える心配や大きな失敗が少ないといった良さがある反面、料金面では割高になりやすく、業者選びが難しいといった特徴もあります。

ポイントをおさえて利用することが大切ですよ。